ピュアオーディオシステム の使用

レコードデジタルラボでは厳選した機材を使用しております

レコードプレーヤー

Technics  SL-1200GAE ハイエンド オーディオ ハイレゾ

Technics : SL-1200GAE

当ラボではダイレクトドライブの名機SL-1200のハイエンドモデル版SL-1200GAEを採用。

回転ムラがないコギングレスのダイレクトドライブは、レコードの情報を正確に

カートリッジに伝えます。安定感抜群のダイレクトドライブ、精度と強度が格段に

向上したトーンアーム、電源ケーブルとインターコネクトケーブルは交換可能となって大きく生まれ変わったSL-1200GAEは高音質再生を可能にします。

フォノイコライザー

YBA  PH150 ハイエンド オーディオ ハイレゾ

SOULNOTE :  E-2 

当ラボではもともとPASS : XP-25、Burmester : Burmester 100、Phsemation : EA-1000、NAGRA : VPS、CHORD : SYMPHONIC、Ayre : P-5xe、YBA  :  PH150、

SOULNOTE  :  E-2を自宅試聴試した結果、最終的にSOULNOTE  :  E-2を導入。

音質の良さと様々なカートリッジに対応すべく各設定が豊富なことが導入の決め手と

なりました。ことマイソニックラボのカートリッジとトランスの組み合わせは、

最高の音質で楽しむことができます。

またSOULNOTE E2はDS Audioの光カートリッジも使用できます。

DS Audio:DS002を使用することで、通常のMCカートリッジとは別次元の超高音質でお楽しみいただけます。

昇圧トランス

My Sonic Lab  Stage 1030 ハイエンド オーディオ ハイレゾ

My Sonic Lab : Stage 1030

当ラボイチオシのMCカートリッジ、My Sonic Lab : Signature Platunumを

使用する場合に限り昇圧トランスを使用します。同メーカーMCカートリッジ

専用機とお考えください。レコードプレーヤー→昇圧トランス→フォノイコライザー

→プリアンプ→AD/DAコンバータ、このような接続となります。

昇圧トランスを介すことでSignature Platunumの能力

ひいてはレコードの豊なサウンドを最大限引き出します。

DJ ミキサー

My Sonic Lab  Stage 1030 ハイエンド オーディオ ハイレゾ

PLAYdifferently : MODEL 1

当ラボではフォノイコライザーとAD/DAコンバーターの間に、プリアンプとしてDJ

ミキサーを設置します。なぜDJミキサーなのか?ではなく、プリアンプを設置する

にはどのモデルが良いか?複数メーカーのプリアンプを自宅デモした結果、DJミキサーが

最適だったのです。国内有名メーカーのA社、L社など、100万円クラスのプリアンプと

比較しても10万円程度のDJミキサーが引け劣らぬ結果でした。ちなみに比較したDJミキサー

はECLERのNUO3、一般的にECLERのDJミキサーは音が良いとされてるのですが、噂に違わぬ高音質ぶりに改めて

驚かされました。高級プリアンプと比較することでDJミキサーが侮れないことを改めて認識しました。

ECLERを上回るモデルを検討した結果、PLAYdifferentlyのMODEL 1を導入するに至りました。

プリアンプを介すことでより音楽的な響きが加わります。当ラボの高音質ファイル作成においてプリアンプは

不可欠となりそうです。

AD/DAコンバータ

Antelope Audio  Eclipse 384 ハイエンド オーディオ ハイレゾ AD/DA コンバータ

Antelope Audio : Eclipse 384

当ラボではスタジオクオリティーのAD/DAコンバータEclipse 384を採用。レコード音声をデジタル変換する場合、録音レベルの設定が重要となります。LPと12インチシングルでは音圧が大きく異なり、MCカートリッジの出力もそれぞれ異なります。レコードのデジタル化には録音レベル調整が必須となります。デジタル制御の細かなゲイン調整ができるEclipse 384は,クセのないクリアーな音質でデジタル変換できます。また複数のモニタースピーカーやサブウーハーの接続も可能なので、モニタリング環境も充実します。

マスタークロックジェネレーター

Antelope Audio  10MX ハイエンド オーディオ ハイレゾ

Antelope Audio : 10MX

当ラボではデジタルデータ作成時に発生する電気信号の時間的な揺れ、いわゆるジッターを原因とする音声の乱れを抑えるために、マスタークロックジェネレーターを導入。AD/DAコンバータ同様スタジオクオリティーのAntelope Audio : 10MXを採用。アナログからデジタルへ変換する際の安定したクロッキングにより、揺らぎのない高音質データが作成できます。

モニタースピーカー

当ラボではスタジオユースのミッドフィールドモニター

ADAM : S4X-VとDJ及びフロアユースに対応すべくサブウーハーADAM : SUB 12を採用。

モニタリング環境も充実しております。

インターコネクトケーブル USB  BNCケーブル

ハイレゾ jorma design

当ラボでは機器同士を接続するケーブルも厳選しております。

複数のデモ試聴を経てクセが少なく情報と音楽性を損なわない

モデルを選定しました。Acoustic Revive  : 1.0 tripleC-FM 1.4 x 1.8mm (RCA)

3セット。Acoustic Revive : 1.0 tripleC-FM 1.4 x 1.8mm(XLR)2セット。

JORMA DESIGN : UNITY(XLR)、BNCデジタルケーブルは

Wireworld : Platinum Starlight 7、USBケーブルはAIM : UA3-R020を採用。

電源機器

当ラボでは最重要と考える電源環境も充実しております。機器の選定に

ついては自宅デモ試聴を重ね、機器の能力を最大限発揮できるモデルを

採用しております。録音機器用はJORMA DESIGN : AC LANDA RHIIを3セットを採用。

モニター機器用の電源ケーブル及び壁コンセントと電源タップの接続は
Chikuma : Tuneful AcⅡ4セットを採用しレコードプレーヤーには
Chikuma : Tuneful Ac CDPを採用。録音機器用とモニター機器用の壁コンセントは
分けており、それぞれの壁コンセントにはAudio Replas : RWC-2RU : SCB-2SZ : CPP-2SZ/HGを採用し2セット設置。
電源タップはAcoustic ReviveのRTP-4と、NVSサウンドのCCS-4を採用。
海外製品は(ecliupse384、10MX、MODEL1、WAVES BCL、ADAM)
VOLTAMPERE:GPC-TQを120Vに昇圧し、Acoustic Revive:RTP-4を介して接続。
VOLTAMPERE:GPC-TQと電源タップはChikuma最上級電源ケーブルPossible Acで接続。